WiMAXでインターネット

WiMAXというものをご存知でしょうか。WiMAXは、Worldwide・Interoperability・for・Microwave・Accessを略したもので、無線通信技術の規格の1つとなっています。つまり、無線通信でインターネットに接続することができる技術のことを指します。Wi-Fiと似たような概念といえるかもしれません。そして、WiMAXは、単なる無線通信でインターネットに接続することができる技術ではありません。広範囲かつ高速の通信が可能になるというメリットを持っています。しかし、WiMAXといきなり言われても何がなにやらわからないと思いますから、次のようなサイトをご紹介します。

それが、「WiMAX比較│WiMAXで快適インターネットライフ」というサイトです。こちらは、WiMAXの特徴を知るのにとても役立つ情報サイトとなっています。WiMAX比較をしたコンテンツが豊富なので、WiMAXに迷っても、「WiMAX比較│WiMAXで快適インターネットライフ」を閲覧することで、目的の製品を見つけることができるでしょう。

新しい通信技術であるWiMAXを利用して、快適なインターネットライフを実現してみてください。

パケット

コンピュータ同士で情報をやり取りすることを通信といいますが、コンピュータの場合、パケット交換方式が利用されています。パケットと言うのは、情報のかたまりを表し、送信する情報をパケットによりわけ、行き先をパケットのはじめの部分に書き込み、情報を飛ばしていきます。飛ばされた情報は、行き先の情報をもとに、いくつかの中継を通って目的の場所に到達します。到達する場所は、もちろん情報の送り先のコンピュータです。

パケット交換方式は、専用の回線を利用しません、そのために、複数のコンピュータが同じ回線を使うことができるのです。パケットは小包の意を表し、パケット交換方式では、情報が一定のかたまりに分けて送られます。分けられたかたまりには、送り先の情報が書き込まれ、荷札のような役割を果たすのです。

コンピュータの場合、情報を0と1のデジタルデータに表します。そのデジタルデータは、電気信号に変換され、ケーブルを伝って、目的の場所に向かいますが、電気信号をかたまりに分けるというのは、何だか不思議ですよね。それは、パケットをカプセル化することにより、実現します。ヘッダやトレイラと呼ばれるデータを両端につけることで、包みにするのです。

パケットの知識

コンピュータ間の通信において必要不可欠なパケットですが、その大きさはネットワークの種類によって異なります。たとえば、~バイトまでなど、ネットワークの種類によって、パケットの中身のバイト数が決まっています。つまり、そのパケットの大きさを超えるデータを、一度に送ることはできないわけです。しかし、そのパケットの大きさを超えるデータを、一度に送ることができないだけで、データを送ることができないわけではありません。

前に記述したように、そのパケットの大きさを超えるデータを送る際は、いくつかのかたまりに分かれます。つまり、大きすぎるデータを一定の大きさに分割するわけですね。一定の大きさとは、つまり、そのパケットの大きさを超えない程度の大きさになります。そして、そのネットワークのパケットに収まるように分割し終えたら、そのパケット1つ1つに、ヘッダとトレイラが付けられ、送り出されていきます。受信側は、パケットを受け取ると、分解をはじめます。包みであるパケットの中からデータを取り出し、元の形に戻して、送信前と同様の状態にするのです。

上記のような、データをかたまりに分けたり、かたまりから元に戻す処理は、IPというプロトコルによって、行われています。

パケットの用語

パケットと言うのは、通信において送信するデータのかたまりを表す言葉ですが、場合によっては、呼び方が変化することもあります。そのため、単純に「パケット」と呼ばれないこともあるので注意しましょう。

たとえば、「フレーム」という言葉があります。フレームはいわゆる枠の意味を表す言葉ですね。分けられたかたまりのデータは、ヘッダとトレイラによって、カプセル化されますが、このカプセル化されたデータの単位として、フレームという言葉が使われます。

また、「データグラム」という言葉があります。こちらは、ヘッダとトレイラによってカプセル化される前の、データのかたまりを指します。フレームの一段階前のデータを指す言葉といえるでしょう。

また、「セグメント」という言葉があります。こちらは、送るデータをかたまりに分けた直後のデータのことを指します。

パケットを利用すると、1つの回線で、複数のコンピュータを利用することができるメリットがありますが、他にも、データが届きにくい状況での対処がしやすいメリットがあります。データは、いつでも完璧に送ることができるわけではありません。それだけに、エラーの対処法が求められますが、パケットならば、対処が優秀です。

信号

コンピュータにおける通信は、信号が重要な役割を果たします。ところでコンピュータは、さまざまなデータを取り扱っていますよね。そのデータは常に動いていて、時には任意で移動させることもあると思います。その際、データは、0と1に置き換えられており、電圧のON・OFFによって、その情報を伝えています。

電圧は電気を流す力ですが、1を伝えたいときは、電圧をONにします。0を伝えたいときは、電圧をOFFにし、電圧をONにしたときとの差別化を図っているのです(ただし、完全に電圧をOFFにすると、データそのものが送ることができなくなるので、実際は電圧を抑えるだけです)。これがコンピュータ間の通信における電気信号を表します。

通信を行うとき、この電気信号によって、データが送られていきます。データの受信側は、この電気信号を受け取り、電圧が大きければ1、電圧が小さければ0として解釈するのです。このように、電圧の大小だけで利用される信号をNRZ信号と呼びます。

また、コンピュータ間における通信は、電気だけでなく、電波を利用する場合、光信号を利用する場合など、さまざまな技術が採用されています。基本的な信号方式は、銅線のケーブルにより、電気信号を流すものとなっています。

コンピュータ間における通信

コンピュータ間における通信というのは、つまりコンピュータネットワークのことを指しています。コンピュータネットワークを構築するために、銅線のケーブルに電気信号を流し、0と1で表されるデータを送り込みます。しかし、単純に電気をONとOFFに分けたところで、うまくデータを送ることができるわけではありません。たとえば、はじめに0を送ると、受信側は波を感じないので、0ということを認識することができないのです。

その問題を解決するため、コンピュータネットワークでは、プラスとマイナスの電圧が採用されています。1ではプラスの電圧を使い、0ではマイナスの電圧を使って差別化を図っているのです。プラスとマイナスに分かれているのなら、いきなり0を送ったとしても、受信側はしっかりと0だと認識することができます。

しかし、これだけではまだ足りません。というのも、プラスとマイナスの電圧がどちらかに偏って送られてしまうと、また受信側で0なのか1なのか認識することができなくなってしまうのです。プラスとマイナスの電圧がバランスよく送られれば大丈夫ですが、運悪く連続して送られるとダメになります。そのため、できるだけ、プラスとマイナスの電圧は、交互になるようにするのです。